enelong

充電式電池に問題が起こった。
もともとアルカリ乾電池に比べて容量は低いので持ちは悪いのだが、頻繁に充電していた。
それでも使用できる期間が凄く短くなるケースが有る。

電池のエラー判別ができる充電器を買った。

電池のエラー判別や充電状況がわかる充電器の優れモノはACアダプターのほかシガーアダプターも付いていた。

エネループやエネロングにも対応と表示されているのは、充電器の中には特定の充電池の種類しか充電できないものも有るからだ。
もちろんこの充電器はエネループ系以外の充電池もオーケイだった。
LCDディスプレイで、充電中、エラー、充電完了などが表示され便利だ。

そして、数本エラーの充電式電池を発見できた。
一番古い震災の前に充電器と一緒に買った電池だ。

幾ら古いと言ったって、100回くらいしか充電はしていないはずだ。
もっとも充電器にセットしっぱなしだったから、自然放電と充電を繰り返したのかもしれない。

繰り返し充電をしなくても5年くらいが充電式電池の寿命という話も有る。

充電池も充電器も進化し、安くなっている。

繰り返し充電に強い充電池のプールが発売されていた。

数年前から、乾電池は充電式電池を使用することにしている。
使用中のアルカリ乾電池、マンガン乾電池は、切れるまでは敢えて替える事はしない。

一番多く使っている機器でも4本。
それで、予備の充電式電池は、単三型に単四型とも8本だけストックしている。
常に充電池フォルダーに載せたままフルに充電している。

使用中の乾電池が切れると順次、充電式電池に置き換わってゆく。
充電式電池は繰り返し充電1000回とある。
毎週充電しても20年以上という、ほぼ永遠という数値だ。

最近は、ほとんど充電式電池の使いまわしとなっている。

しかし、こんなとこでも乾電池使っていたかと次から次に出てくる。
電池が付属していない電気製品の購入も多くなってきた。
それで、補充しなければならなくなる。

そして、オーダーする先は決まって楽天えこじじいの店に行き着く。
最初からここと決め手いるわけではない。

安い店、送料がかからない店、楽天ポイントで買える店。

充電式電池にも容量、充電回数を上げた新製品など、いろいろ有るのだが高い。
そしてなにより高いものを敢えて買う魅力的な理由がない。

今回の、単四の要求も

[選べるオマケ付/期間限定] 大容量900mAh!約1000回繰り返し使える enelong エネロング 単4形電池 ×8本セット 日本正規品販売代理店 [EL08D4P4*2]ネコポス送料無料

に行き着いた。

同じような考えの人が多いのだろう。
1万件以上のレビュー数に表れている。
リピート買いの人も多い。

アマゾンチョイスは、

Amazonベーシック 充電池 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)